chiaki./ 8月 11, 2017/ モニター, ルノルマン/ 0 comments

どうしてもこのウサギとカエルの素材を使いたくて仕方ない私です。

f:id:chuva:20170811062109j:plain

さて先日、お試しルノルマン鑑定に手を挙げて頂きました。
まな板の上の鯉への道にようこそ!

astrology.tokyo

今回の鑑定は息子さんとの関わり方がテーマだったのですが
はじめのうちは正直、「あれ、全然当たらなかったんじゃね?」と思ったのですが
友好の象徴である犬のカードが出ている時点で
人と人同士の関係性を示していることははっきり感じられていました。

狐のキーワードは一般的には「仕事」だったり
「狡賢い」「あざとい」というような意味もあるのですが
仕事についてお伺いしても、あまり思い当たる事もおありでなく、
「狡賢い」といったようなイメージの何かがあるようにも思えなかったのですが
ただ唯一、強く感じていたのは根本的なところは
息子さんの問題ではないのではないか、というところでした。
(まあ、細々としたことはあるにしても)
そこから、年長者というキーワードを持つ「百合」は保護者という立場のご本人様、
「狐」は今回の場合、イレギュラーではありますが
「理性を持って考える」といったような感じでリーディングをしました。

「どうしてかわからないんだけどイライラしちゃう」という気持ちには
必ず何か原因があり、その原因はほとんどの場合において
自分の中にあると思っています。
「どうしてかわからない」という気持ちは、いわば自分を防御している部分で
本当に関係性の改善のために風穴を開けたいという場合は
それを引っぺがす必要があるのだと思います。
しかしある程度、私に引っぺがされそうになる覚悟のある方でないと
私のカードリーディング受けても痛いだけなんじゃなかろうか…。
「引っぺがされそうになる」という書き方をしたのは、
あくまでも「相談者様ご本人に引っぺがしてもらう」ようにしているからです。
その時点で引っぺがす覚悟があるかないかは、その人のタイミングだからね。
だって痛いし。

でも、今回のように見たくない部分にご自身で触れられたところは
それだけ息子さんとの関係を良くしたいと思われていたからだと思いますし
それはご本人が「母性」「やさしさ」を充分にお持ちだからです。
お母さんの優しさがあれば、息子さんが出会い始めた外の世界でなにがあっても
ただの「House」ではなく、
安心できる「Home」に帰ってくることができるんだと思います。
この度はご応募いただき、ありがとうございました!

いやー、ルノルマン面白いけど、なんか刺してくるよ…?
やっぱり持ち主に似るんだろうか。
ココナラでも数件ルノルマンで見させて頂いたのですが
引っぺがしたくなって仕方ないよね。しないけど。
つくづく、占いは向いてないなと思う今日この頃、
自分の方向性についても改めて考え直さないといけないな思っていますww

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*