chiaki./ 8月 7, 2017/ モニター/ 0 comments

色々と立て込んでおり、なかなかなにも書けずにおりますが
なんとか生きています。

先日、ルノルマンカードリーディングのモニターを募集しており
よく絡んでいただいている、DUCK WORKS ももねこさんのリーディングをさせて頂き
そのフィードバック等々、ブログでご紹介頂きました。

duck-works.com

結果をどう活かしていくのか

もうね、この記事を読んだ感想は素晴らしいの一言ですよ。
なんと読みやすい記事なのだ…!そりゃそうか、プロだからか!
なんかそういう講座とかもすればいいのに、と思いつつ。。

つくづく以前から思っていたのは、ももねこさんは
カードやタロットと本当に仲良くしたい/されている方だということ。
よく勉強をされているということもあるのかもしれませんが
それ以外にも文章の端々だったりで滲んでくるものですね…。

私は、本当に好きなものには依存したりしないものなのだと思っていますが
ももねこさんはご自身と占いの立ち位置が対等なんだなと、
この記事を読んで改めて感じました。

確かに占いは、自分の思いもしない結果を提示してきたり
自分の望んでいることをそのまま反映させてくるということがあります。
でも、なぜそれがカードリーディングの結果として出てくるのかというと、
自分の深層心理に同じものを持っているからなんですよね。
だから、占いだけが完璧でスゴイものなのではないんだと思います。
…とすると、占いの鑑定結果だけに全てを委ねてしまったりというのは
良い占いの使い方だとは私は思いません。

カードが「あなたがこう思っているのだから、こうすればいいんじゃない?」と言ってくれているのに対して
自分がどう思うのか、どう動いていくかを考えることが一番大事なことであり
占った価値が出てくる部分なんじゃないかと思います。

スピリチュアリティと現実との調和

確かに今回私はリーディングの際に、
サービス提供の金額をタロットで見てみて下さいとご提案しましたが
結局、見てみて自分がハラオチしなければ抗ってもいいわけで
だからってカードに嫌われるわけではないのです。
どちらかというと、自分の思いとリーディングの出方が違って
判断をリーディングに頼り切った結果、
「アンタに従ったのにうまく行かなかったじゃないのさ!」と思う方が
カードに嫌われるでしょう笑 人間かてそうやん。

占いをはじめ、目に見えない世界の話は面白いです。
(私は残念ながらフシギな力は持っていないけれど)
最近は、スピリチュアル関係の書籍もたくさん本屋に並ぶようになり
うちの父親でさえ「気持ちがついてこればなんでもできる」と言い始めました。。
なにがあった父よ…。
でも、見えない世界の話が幾ら魅力的であっても
私達は年金も税金もかかる現実世界に生きているわけで
現実的に考えて、目に見えない世界の話だけをしていられるわけでもないんですよね。
だから、現実に生きている自分を見えない世界が提示してくるものに
完璧に依存してしまうのではなくて、共存していくんだぜ…!
スピリチュアリティを、うまく現実に落とし込むこと、
まだまだ私もそれを勉強中なのであります。

現実的な計画をたてること

ルノルマンリーディングをさせて頂き、今回のように
計画を立てて自分の夢や理想に近付くというのは非常に有効で
私も、自分がほしいもの・やりたいこと・行きたい所を叶えるために
実際、どれくらいの金額がかかるのかというのを計算してみたことがあるのですが
思ったほどの金額でなく、なんだかやれそうな金額だったりするのですよね。

今回のももねこさんのように、
支出・収入やパーセンテージを出されたことは本当にびっくりだったんですが
(私に数字を考える力が完璧に欠如しているため)
こうやって大きい理想もより細分化することで、現実になっていくんだな…と思うと
ちょっとした感動ストーリーでした。私の中で。
今回はモニターに手を上げて頂き、ありがとうございました。ファーストペンギン!

なきむしけむし – DUCK WORKS –
ももねこさんのユニット DUCK WORKSのサイト

もうちょっとルノルマンのモニター募集します

今回、ルノルマンリーディングをさせてもらって
それがどう発展していくのかを観ているのが
なんかちょっと面白かったので、もうちょっと続けてみようかなと思います。
いきなり知らん人間にメールで、というのはハードル高そうなので
何かしら手段を考えようと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*