chiaki./ 8月 16, 2018/ タロット, 徒然

樽。

って、なんのこっちゃわかりませんよね。
最近になって偶然ネットで見つけた、イギリスはブライトンのタロット占い師、
Ivor氏のキャラバンのことでございます。

樽、めっちゃかわいい…。
私も老後はこの樽の中で生活したい…。もちろんイギリスで…。
滅多に出てこずに生きていけるならそうしたい。。
頭がおかしいと言われても構わない、この中で占いと音楽やって楽しく暮らしたい…。
猫飼えそう。

この中、Wifi飛んでるのかなあ…後継者探してないかなあ…とか考えると
公式サイトを見つけてしまったのでマジで突撃メールしてしまいそうな勢いですが
メールアドレスと共に「電話のほうがいい」って書いてあった。
…国際電話…?

Ivor氏、20年間ロンドンで活動した後、ブライトンに移られたそうなので
逆算すると、老後にこの樽に入るには今から動いておかないと間に合わなくない?
…と思い立ったのがきっかけで始めたリーディングのまな板の上の鯉募集でした。
(それだけじゃないけど)
まな板の上の鯉リーディングは、おかげさまで今のところなんとか進んでおります。

これでもっと英語ができたら、世界のだいたいのところでこの樽の中に入れる…。
電子ピアノくらいは置けそうな樽、時々外に出て演奏して
中でDTMやって…と、夢がどんどん膨らんでいきます。樽に対して。

Share this Post